小児科・内科(大阪 浪速区)なら川田医院
HOME>アレルギー

アレルギー

アレルギーの原因
予防接種は、子供を感染症から守るために必要です

アレルギーは清潔志向が過ぎると発症すると考えられます。
たとえば、赤ちゃんの頃にペットを飼っていなかったのに、3~4歳で急に飼い始めるとペットの毛やフケが原因のアレルギーが出始める子が多いのです。
今まで清潔にしすぎて抗原がほとんどない状況であったものが、突然大量の抗原にさらされると、親までアトピー性皮膚炎を発症することがあります。

 
アレルギーで効率が下がる?
当院では痛くない予防接種を実践しております

アレルギーで皮膚にかゆみがあったり、鼻水が出たりする花粉症の症状があったりすると、仕事や勉強が手につかず、生活に支障が出て様々な効率が下がってしまいます。
かゆみのある皮膚疾患患者さんの労働生産性を調査した結果、皮膚のかゆみが生じることによって労働生産性が約40%低下したという報告もあるのです。
アレルギー疾患をコントロールすることでQOL(Quality Of Life=生活の質)の向上がはかれます。

 
アレルギー?と思ったら一度ご相談ください

自分で思っていることが正しいとは限りません。医師に相談することで正しい診断に近づけます。

適切な診断、治療によって、自己流でしのいでいたときよりもはるかに高い治療効果を期待できます。

自分のライフスタイルに合った治療を見つけられる可能性が高くなります。
眠くなるから薬は困ると思って服用をあきらめていた方も、眠気が出にくい薬を処方できます。

もちろん個人差がありますので、その人に合った薬を根気良く探す必要があります。

問い合わせ